20171112熊本県連盟会長杯ソフトテニス大会

吉田・前田ペアがシニア45・50・55の部に参戦。
5ペアのリーグで3勝1敗で準優勝。

村上・川野(TOD)ペアが一般女子の部に参戦。
3ペアのリーグで優勝。

吉田・前田ペア

初戦の高本・淋ペアに序盤からやや押され気味。
レシーブゲームをそれぞれキープしながらの迎えた5ゲーム目(ゲームカウント2-2)のレシーブゲーム。
ミスが重なり、ゲームを落としがけっぷち。
6ゲーム目はそれまでのサービスゲームよりも展開としては粘るものの、前田氏のミスが重なりゲームを落とし2-④で敗退。

2試合目は豊永・古庄ペア。
5月の九州選手権シニア50の優勝ペア。
内容は接戦ながら、練習できていないという豊永氏のミスも重なり④-1で勝利。

3試合目・4試合目も危なげなく④-0で勝利。

高本・淋ペアと豊永・古庄ペアの結果次第では優勝の可能性も残っていたが、高本・淋ペアが絶好調でファイナル勝ち。

村上・川野ペアは参加3チームだった為、大会としては成立せず、本年度のランキング対象とはならなかったが、見事賞金をゲット。

20171112熊本県連盟会長杯ソフトテニス大会

コメントする

Top