H26/11/24熊本県クラブ対抗ソフトテニス大会 秋季大会~外伝 reported by 石橋

当初アップされたクラブ対抗ソフトテニス大会秋季大会の大会結果のうち、
Dチームの戦績に関する情報が、たったの3行だった。
Aチーム・Dチームがメインコート、Bチーム・CチームがBコートでと
会場が分かれて試合が行われた。
そのため、ライターの●田氏がDチームの試合を全く見れなかったので、
彼を責めるわけにはいかないが、口惜しいので、彼のスタイルを真似て、
スピンオフストーリーとして書いてみた。
当方、もとより、●田氏のようなドラマティックな戦評を書くだけの眼も記憶力も文才も、
持ち合わせていない。そこはあらかじめお断りしておく。

まずは、チーム紹介
Dチーム=松本・上坂、寺田・石橋、中根・作田和
前田氏曰く、「人数合わせだったら出てもいいという方も外して」わいわいG熊本は、
今回AからDまでの4チームの参加。
したがって、Dチームといっても、やる気十分のメンバー。
うまくかみ合えば、昇格さえ狙える陣容。(と思いたい。)

【松本・上坂ペア】松本氏今回わいわいGからのクラブ対抗初参戦。このペア、もしかしたら、
練習でも組んだことがないかもしれない。上坂氏は大会の経験も豊富。対戦相手に関する情報も十分。
【寺田・石橋ペア】大学院生の寺田くんは、大会当日聞いたが、高校以来久しぶりの大会とのこと。期待と緊張が高まる。
ペアの年齢差はまさに親子。(実際寺田くんの父上は、石橋氏の3歳年上だそうだ)
【中根・作田和ペア】美しき姉妹ペアといったところか。技術的には全く問題のないペア。

果たしてどのような展開になるのか、ふたを開けてみないと分からない。

試合会場は、Dコート。第一試合からぶっとおしの4連戦。その後に空き時間。

隣コートの進行の方が早かった関係もあり、試合開始後はCコートで
やっているわいわいG熊本Aチームの様子をうかがう時間も4試合終了
までほとんどなかった。

<初戦>VS 松橋クラブC
一番手 寺田・石橋ペア
相手は、緒方・桑園のペア。ベテランらしい堅実なプレイをされる。
後衛の膝にはサポーター、前衛の方も懸命のプレイをされる。
寺田氏緊張からいつものプレイではない。
0-4負け。
いいのいいの、久しぶりの大会だから。次はリラックスしてがんばろう。

二番手 中根・作田和ペア
相手は、…。(初戦の緊張と興奮のため、石橋氏試合をよく観れなかったようだ。)
負け。

三番手 松本・上坂ペア
相手は、後衛は女性、前衛の男性は石橋氏の職場の先輩で、
いずれもベテランのうまさを出しておられる。
しかし、松本氏は粘り強くつなぐ。上坂氏はいいところで見事なスマッシュを決め、
勢いづいてゆく。
作田和氏と石橋氏が顔を見合わせ、「再び、神降臨か?」と口を揃える。
4-3勝ち。

チーム初戦を1-2で落とす。

<2試合目>VS デコポン
一番手 寺田・石橋ペア
相手のミスに助けられたこともあり、
4-2でペア本日初の勝利。
石橋おやじの「大丈夫よ~。足動かして行こ~!」の言葉かけに、
寺田くんの緊張は徐々に抜けて来るが、まだまだいつもの調子ではない。

二番手 中根・作田和ペア
後衛同士で打ち合うも、形勢悪い。
途中から、チェンジオブペース。
中根氏厳しいロブで相手後衛を振り回す。
相手の後衛のオジサン「オレを痩せさせてどうしたいんだ~」
と叫びながら、息を切らしていた。
しかし、追い上げ及ばず、負け。

三番手 松本・上坂ペア
相手は、向大野・鶴山ペア。
淡々と終わる展開でラリー続かず気づいた時には試合終了。
4-1勝ち。

チームは2-1で勝利。

2戦終わったところで、作田和氏、連敗のため、中根氏のメンタルを気遣う。
1勝もぎとってくれば、クリアできるのだろうが。

<3試合目>VS WestスチームボーイズC
一番手 寺田・石橋ペア
相手は、山下・村田ペア
4-1でペア連勝。
前の試合で初勝利をあげたのがよかったのであろう、
寺田くんの緊張もようやくとれてきた。

二番手 中根・作田和ペア。
2-4今回の勝利が遠い。負け。

三番手 松本・上坂ペア。
相手は変則的に前衛後衛入れ替わりながら楽しんでプレーしている。
「勝敗」<「エンジョイ」的な雰囲気…気づいた時には試合終了。
4-2勝ち。

チームは2-1で勝利。

ここで、上坂キャプテンから、メンバーに対し、次の対戦のペア変更とオーダー変更の相談。
上坂情報によると、次の対戦相手、九州森林管理局、一番手後衛の藤田さんが
手強い。チームの勝ちにつなげるため、藤田さん対策(あて馬策)をとるかどうかの相談であった。
石橋氏、自分たちのペア以外のペアをあて馬にするのは、抵抗感がある。
2番手、3番手で勝ち星が狙えるのであれば、むしろ、これまで同様のペア、オーダーで藤田・松下ペアに
挑戦させて欲しいと石橋氏。ペアで2勝したことで、寺田くんの緊張も十分ほぐれて来たので、
腕試しをしたかったようだ。

<四試合目>VS 九州森林管理局
一番手 寺田・石橋ペア
相手は、藤田・松下ペア
チャレンジ精神むなしく。
2-4で負け。まだまだ力不足だったようだ。

二番手 中根・作田和ペア。
相手は。上村・古閑ペア
後半、ペースをつかみ、相手後衛のミス多発。
ファイナルゲームもものにした。
4-3で勝ち。
一番手で落としていたこともあり、このペア本日初勝利を得て、
チームの盛り上がりも最高潮に。

三番手 松本・上坂ペア。
相手の女性後衛のラリーがかわいそうなくらい、コートに入らない。
4-1で勝ち。
このペア、本日全勝で日程終了。

チームは2-1で勝利。

振り返ると、Dチームの戦績は、3勝1敗。12部のBリーグでは、2位で終了。
唯一、負けを喫した松橋クラブCが1位となり、11部昇格を果たした。
今回、昇格の絶好のチャンスだったのかも知れない。

立ち上がりの1戦、エンジンがかかる前にミスの少ないベテラン選手と当たったのは残念であった。
今回、このメンバーでチームを組めて、みんなの頑張りでチームとしてはいいところまでいけた。
本当に良かった。ありがとうといいたい。

石橋氏、この1週間前のメロン杯で、思うように活躍できず、本人自覚はあったものの、
●田氏にプレイの酷評とともに、「もっと頑張れ」と叱咤激励を受けていた。
これも期待をかけてもらっているものと、ポジティブシンキング。
今回、汚名をそそぐべく、意気込んでいた。プレイに関しては、メロン杯よりは、
格段にましなものにできたようだったが、満足のいく結果には今一歩届かなかった。
まずは、プレイの精度向上と積極性が課題か。

次の春のクラブ対抗、12部で勝ちをあげ、昇格に挑戦してみたいと
意を強くする石橋氏であった。
勝ちこだわるなら、次はベンチワークも充実させたいところか。

以上

※心あるクラブメンバーからのコメント、アドバイスを求む。
— 石橋 敬弘

H26/11/24熊本県クラブ対抗ソフトテニス大会 秋季大会~外伝 reported by 石橋」への10件のフィードバック

  1. 適当さ満載の私の文と比較して、石橋さんの真面目さが滲み出るような素晴らしい文章です。
    次回は是非石橋さんのレジェンドもので!!(もしくは壁ドンもので…。)

    • ほんと、ありがとうございます。
      こんなブランク30年のシニアデビューの50歳のおじさんを受け入れてくれる、
      わいわいG熊本とそののメンバーに感謝、感謝です。
      特に、いつもクラブの運営を一手に行っておられる前田さんには感謝しきれません。
      他のクラブメンバーも同じ気持ちだと思います。(代弁します)
      レジェント…う~ん、そのときのペアの力を借りて是非。レジェンドといえばN山さん?
      (また機会がありましたら、よろしくです。でも、他人頼みはよくありませんね。)
      次のレポートでは、読者の「くすっ」を引き出すようなネタを盛り込めればと思っています。
      7つ下組に先行して、シニアクラスで戦えるよう更に戦力アップを目指します。

  2. え~
    当て馬考えるなら
    松橋クラブの緒方、桑園ペアで
    って上坂にお伝えを
    全国レベルですから( ̄▽ ̄)

    • やはり、そうですか。
      でも、はじめから、それがわかっていれば、勝てないにしても、それなりの戦い方ができていたかも。
      初戦でなかったら、もっと、勝負になっていたかもと悔やまれます。
      0-4で負けて言えることではないですが…。
      当たり前のことですが、ミスが少ないってことは、強みですね。

  3. ペアを組んでいただきありがとうございました(^-^)
    たくさん足を引っ張ったと思いますが、石橋さんの優しさで緊張もほぐれ、試合を楽しむことができました!
    次こそは結果に繋げたいです!!練習がんばりましょう!
    あと、文書おもしろかったです!(笑)

    • 寺田くん。早速のレスありがとう。
      実を言うと、寺田くんは、今回の大会に向けて、ペアを組みたいな~、組ませてもらいたいな~と
      内心勝手に思っていた後衛さん2人のうちの一人でした。(もうひとりは欠場)
      おじさんの勝手な希望としては、寺田くんには将来指導者となることも念頭に置いてプレイして欲しいなと思っています。なぜなら、それがあなたの競技力アップにつながると信じているからです。
      私のかなえられなかった夢を託して。
      それから、同じシーンを共有した人から文章をほめてもらうと、ホント嬉しいです。
      ●田さん並みにときに辛口でコメントできるようになれれば、本物かと思っています。

  4. そうなんですよね~
    あとちょっとだったんですよね~
    残念だったけど、夜の1人梅酒はおいしかったです(#^.^#)

    • ホントお疲れさまでした。
      春の大会も同じチームで戦いましたね。
      その時は自分のことでいっぱいいっぱいでした。
      今回は、少しはチーム戦を楽しめたと思います。
      チームで2勝するにはどうするか。
      単にペアの力×3だけじゃない、それが団体戦の醍醐味ですものね。
      仮に負けても、次のペアにいい流れでバトンタッチするみたいなことも。
      今回、美女姉妹ペアは、それを果たしていたと思います。感謝しています。

  5. 初レポートお疲れ様でした。
    石橋さんの真面目さと勝ちたい気持ちが伝わります。
    春に勝つには冬場にしっかり練習する事……の様な気がします。
    お互い頑張りましょう。

    • レスありがとうございます。
      それから、6部優勝おめでとうございました。
      ビールのおすそ分けいただきありがとうです。次はわける方に回りたいです。
      クラブでもベテランの域に入る角さん。練習参加率の高さには脱帽です。
      ときどき、練習中にアドバイスくれるので、とてもありがたく思っています。
      今後ともよろしくです。
      どのクラスでやるにしても、大会に参加する以上、やっぱ勝ちたいよね。
      そのために、寒くても練習に励みたいと思います。

コメントする

Top